植物と植木鉢

間伐の手引き|森の健康を守るために必要な作業

  1. ホーム
  2. 庭の雑草を取り除く

庭の雑草を取り除く

婦人

雑草対策

日本は夏場は高温多湿になるため植物が育つには適した風土がありますが、一方でどこからともなく種が飛んできて雑草が茂ることになります。このため庭がある場合には定期的に除草作業を行う必要があります。一方で除草をする方法としては草刈りと草取りがあります。いずれも除草作業で人力で行うことになります。これらを行っている業者に依頼する場合には造園業者のほか、便利屋やシルバー人材センターなどがあります。プロとしては造園業者になりますが、費用としては高めになります。便利屋やシルバー人材センターでは費用は安めですが事前の交渉が必要で、また行う範囲も明確に指示する必要があります。また雑草を生やさない方法として土の入れ替えや防草シートを敷くといった方法があります。

刈るよりも取るメリット

雑草が繁っている場合には、草刈りと草取りがありますが、時間が掛かるものの効果が長いのが草取りです。草刈りでは、草の生えている部分を刈り取るだけでまた生えてきます。一年草の場合にはそれでも十分な効果を得ることができますが、多年草の場合には根っこが肥大化して、さらに酷くなる可能性もあります。一方で草取りでは、根っこごと引き抜くのでより効果的に除草効果を得ることができます。ただし草刈りとは異なって草取りの場合には、根っこを引き抜くため時間が掛かるため単価も高くなります。特に草刈りでは草刈り機を使用することができるので、費用も安くなりますが、草取りの場合にはすべて手作業で行うため費用も高くなりますが、そのぶん仕上がりもよくなるメリットがあります。

このエントリーをはてなブックマークに追加